PHOTO BOX 【NO.015】AJSA関西アマチュアサ−キット第1戦レポ−ト|京都市スケートボード協会

京都市スケートボード協会

PHOTO BOX

京都市スケートボード協会 ホームPHOTO BOX > 【NO.015】AJSA関西アマチュアサ−キット第1戦レポ−ト

【NO.015】AJSA関西アマチュアサ−キット第1戦レポ−ト

今年もいよいよ始まりました。
2006年5/21(日)AJSA関西アマチュアサ−キット!
前日まで3日間ほど降り続いた雨も大会当日の朝にはすっかり止み晴天の中、幕を開けました。

エントリ−数は58人。地元京都を始め、滋賀、大阪、福井、石川などから続々と選手が集まり練習を開始。
まず始めに今大会オ−ガナイザ−を代理でつとめたK.SK.A(京都市スケ−トボ−ド協会)会長の今井英之氏から、このパ−クが出来るまでの経緯、パ−クでのル−ル及び今大会の競技方法、採点方法などが伝えられ選手、ギャラリ−のみなさんも真剣に話を聞いてくれていました。
ジャッジの5人についても5人それぞれの経緯を紹介しました。
特にゴミについては皆で協力しあってゴミ袋にまとめてもらい大会関係者も感心でした。そして、このパ−クは公園と隣接していて天気の良かったこの日は一般の観戦者も多く、選手のテンションも心無しか上がっていた。

さて、話は戻りAM11:00より予選が始まり各選手緊張感高まる中、決勝に16名が進出
PM3:30からの決勝は真夏の様な炎天下の下、アツいヒートが繰り広げられました。

最終結果は
優勝 中島 潤
バンクでのフリップ系・ボウルでのBS SMITHなどを決め会場を沸せた。
決勝2本目のノ−ミスのル−ティ−ンは文句無し!
2位 大西 良舗
しっかり組立てられたル−ティ−ンと難易度の高いマニアな技のチョイスがナイス
3位 澤本 駿次
12才とは思えないほど板に乗れていた。トリックの多さも豊富。
4位 笹岡 拳道
彼も12才とは思えないほどのスピ−ド、ボウルでのトリックが抜群。
5位 森中 一誠
スタイリッシュなオ−リ−からのグラブ、高度なカ−ブトリックをあっさりと決めていた。
今大会の会場となった『火打形公園スケ−トボ−ドパ−ク』はバンク、カ−ブ、B to B、クォ−タ−、ヒップ、10feet ボウルとセクションが多くラインが一度崩れるともう一度違うラインを組立て直さなければならない為選手達もル−ティ−ンを組むのに大変だったと思いますが、全体の流れをまとめミスの少なかった選手が上位に入りました。
表彰式の賞品プレゼンテ−タ−は第1期AJSAプロスケ−タ−レジェンドスケ−タ−竹井昭作氏。

メダルの授与には、このパ−クの鍵の開け閉めをボランティアで毎日行なってくれている町内の和久田トメ子さんにお願いしました。
スケ−タ−をパ−クで普段から見守っているのおばさんが若いスケ−タ−にメダルをかけ、握手をされている行動に会場のみんなが暖かい気持ちになり感動しました。
ギャラリ−
ギャラリ−
選手・ギャラリ−合わせて200人程集まりました。

説明
K.SK.A(京都市スケ−トボ−ド協会)会長の今井英之氏の話を真剣に聞いている選手たち。写真の角度が悪いですがこの後ろ、左右にも人がたくさんいました。

ジャッジ
左から尾崎、西、今井、斎藤、大村 ジャッジ
MC・TK
MC 荒井氏とタイムキ−パ− 四方氏
発表
優勝者発表の瞬間!WINNERは左の中島 潤

このパ−クの鍵の開け閉めをボランティアで毎日行なってくれている町内の和久田トメ子さんより優勝、準優勝、3位のメダル授与
上位3名
写真左から 優勝:中島 潤 2位:大西 良舗 3位:澤本 駿次

PHOTO BOX目次へ戻る

京都スケートボード協会は火打形公園スケートボードパークを拠点に若手スケ−トボ−ダ−の育成や大会、イベントなどの企画・運営をしてスケ−トボ−ドシ−ンを盛り上げています。

京都スケートボード協会

Copyright © 京都スケートボード協会 All Rights Reserved.

webcreated by FEELGOOD DESIGN